04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

個人戦争

日常のこととかゲームのこととか。

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

難儀 

いつかくるであろうボンガマスターとの遭遇のため、《ボンガ・ボンガ》が50枚ほど用意してあります。投げたらサウンドマスターが返ってくるかしら?どうも、tactです。
久々にD?0のユーザーサイトページを見てきました。

…位置がさらに上になってましたorz

あの…ブロッコリーは何を期待してるんでしょうか?
叩いても吐血するくらいで他に何も出ませんよ?(ぁ

某沼地と肩を並べる位置にあるとか訳が分からん…。

とまぁ、軽くぼやいたところで、今日の話。

家族の都合で久々に宇都宮に行けました。
旅費が浮きましたよ、ええ。

現地では4時間ほどSA10プロにスパーリングして頂き、とりあえず手元のデッキの欠点を見出すに至りました。

当然のことですが、やはり机の上でこねくり回しているだけでは限界がありますよね。

「これでなんとかなるだろ」と仕上げたデッキが実践では機能しないということは、誰もが少なからず体験していると思います。

でも、それは対戦することで上を目指せる証拠であって、決してダメなことではないと思うんですよ。

勉強だってそう。間違えた問題に赤ペンで正しい回答を書き、回答や解説をよく読むことで定着させていく。これが大事なんです。

逆を言えば、対戦しても何の問題もなく回せちゃったり、構築に疑問を感じない人はそこが限界なんじゃないかと思います。

これに該当するのは天才とカードにそこまでこだわってない人、後は過去を省みない人ですよね。

勉強だったら、テストが返ってきても点数しか見ない人。

ただただ前しか見ないというのも問題で、自分の過ちに気づかず爆走した結果空回り。
でも、過去は省みないから自分の置かれている立場に気づけず走り続けて気が付けば全身が底無し沼にハマっている。

天才の場合は少し違って、あっという間に完璧なことをやってのけちゃうからそもそも過去を省みる必要なんかない。
でも、どんなに完璧に見えても実は穴があって、次第に増えていった穴はジェンガのように崩れちゃう。

これって結果的には破滅してますよね?
人は天才に憧れを抱くけど、最後まで失敗しない天才はきっと陰で努力してます。アインシュタインもそんなことを言ってた気がします。

それを上辺だけ捉えて憧れだけにしちゃうのはどうかと思うんですよ。

少し話が脱線しましたが、僕が言いたいのは「失敗はわざとしてでもすべきで、そこから何かを見出せれば絶対に成功できる」ということ。

投げ出したくなることや、どうしようもない重圧に耐えられなくなることがあっても、決して努力だけは忘れちゃいけない。
これってやっぱり大切ですよね?

…まぁ、僕は努力は無駄だと思う派の人間ですし、こんな記事を書いてるのも目の前の勉強から逃げるためですが(死
スポンサーサイト

Posted on 2007/07/16 Mon. 23:52 [edit]

この記事に対するコメント

これだけの文章を書いてる時点で努力を無駄だと思ってるようには見えないんですが(汗
努力ってやつはどこまでやれば報われるかがわからないから厄介ですよねぇ……

玄武 #X.Av9vec | URL
07/17 00:59 | edit

少なくとも、ブログを書いている時間は勉強のことを考えずに済むので(汗

tact #- | URL
07/18 00:13 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://personalwar.blog63.fc2.com/tb.php/236-cdf836b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。