05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

個人戦争

日常のこととかゲームのこととか。

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

笑えるね 

昨日、学校のクラスメートが「最近の芸人は『笑わせている』のではなく『笑われている』のだ」と言っていました。

「笑われている」というのは言いえて妙ですね。

愛想笑いや苦笑い。状況を楽しむのではなく状況に対応するための笑いというのは日常でも多様されてます。
あるいは、人はただ嘲笑うことをしたくて、その対象として芸人を見ているのかもしれません。

要するに、最近の芸人は笑いを提供しているのではなく、見る側が笑ってやっている、またはバカにしている。
「笑われている」は、こういうことを一言で表してます。

…さて、考察いきましょう。

《コーラス・ナイト》

種族:フロッグナイト
タイミング:クイック
使用コスト:白1無2
移動コスト:白1無1
パワー:3000
スマッシュ:1
テキスト:団結(このカードはデッキに何枚でも入れることができる。)
プランゾーン効果(このカードがプランゾーンにある場合、以下のテキストが有効になる。)
バトルスペースのスクエアにあるすべての種族「フロッグナイト」のあなたのユニットに以下の能力を与える。
『バトルスペースのスクエアにあるこのカード以外の種族「フロッグナイト」のあなたのユニットのパワーを+2000する。』

場のカエルが全員《イエローベリード・ナイト》に。

場に3体並ぶと《クラウン・ナイト》と同出力。超えるならそれ以上。

…そんだけ並んでれば勝ってるよorz

「このカード以外の」はいらなかった気がします。

《忍び寄るブラックエッジ》

種族:シャドー/ブレードマスター
タイミング:クイック
使用コスト:赤1黒1無5
移動コスト:赤1黒1無2
パワー:7500
スマッシュ:2
テキスト:このカードがバトルに勝った時、あなたは自分の墓地にある対象のユニットを1枚選び、持ち主の手札に加える。
[バトルスペースのスクエアにある種族「シャドー」か種族「ブレードマスター」のあなたのユニットを1枚選び、廃棄する]《クイック》あなたはこのカードをこのカードと隣接する自分のユニットのないバトルスペースの対象のスクエアにリリース状態で置く。

《犬闘士ケルベロス》ってどんだけ強いんだよ、と。

プランゾーンのブレードマスター火力を誘発しながら移動。バトルに勝てばコストにしたブレードマスター回収。

同系列の時計がこの効果なら強いんでないの?

相手ターンやら回避行動やらにテキストが起動できる点では《闘神シラサギ》的な使い方ができ、コストが廃棄なのでコイツと同時にコスト出して移動も可能。
代わりにケルベロスエンジンは不可。

まぁ、ケルベロスほどては無いですが強いですね。

《魔甲ドーザー土竜》

種族:ジャガーノート
タイミング:クイック
使用コスト:赤2無5
移動コスト:赤1無2
パワー:6500
スマッシュ:2
テキスト:このカードがプレイされてスクエアに置かれた時、自分のエネルギーゾーンにカードが10枚以上あるプレイヤーは自分のエネルギーゾーンにあるカードを6枚選び、残りのカードをすべて持ち主の墓地に置く。
共鳴(このターンの間、あなたのユニットが移動してスクエアに置かれている場合、以下のテキストが有効になる。)あなたはこのカードを使用コスト[赤2無2]でプレイできる。

コントロールでもビートダウンでも、エネルギーが10枚に達することはしばしばあります。
が、正確にはスマッシュ込みで10枚になっているので、通常の対戦でコイツのテキストが火を噴くことはあまりないのではないかと。

まぁ、起動するとすれば《フェアリー・ソウル》や《恋人を待つフェアリー》、《覚醒の兆し》などで無理矢理条件を満たすか、単純に相手がブーストファッティやコロボックル、あるいはアメーバだった時、加えて自分のデッキに《絨毯爆撃》系列を大量に投入してプレイコストの軽減を狙う時くらいでしょう。

とりあえず、万が一10エネルギー貯めそうになったら相手のデッキの色を気にしてからにしましょう、ということで。

共鳴で4コスで出せる6500の2スマという時点で大分合格点なので、とりあえず3枚あって損はしないのでしょうけどSレアという罠。

《電脳世界の冒険》

タイミング:バトル
使用コスト:青1
テキスト:青のカードがあなたのエネルギーゾーンにない場合、このカードはプレイできない。
あなたは自分の山札を見て「連動」か「共鳴」を持つカードを1枚まで選んで相手に見せ、持ち主の手札に加える。
残りの山札をすべて裏向きでシャッフルする。共鳴(このターンの間、あなたのユニットが移動してスクエアに置かれている場合、以下のテキストが有効になる。)あなたはこのカードを使用コスト[無0]でプレイできる。

各種にあるなら単色ビートの新たなバドソとしても機能してくれる便利カード。コイツでコイツを引っ張ってくれば次のターンのエネルギーセット要因確保&デッキ圧縮。
普通に《雌豹ダンサークロー》やら土竜やらを引っ張ってきて即出しの流れも強力。

強いて言うなら連動で真っ先に引かなきゃならない第一の連動は引っ張ってこれはいというのが残念。

さらにはこれまたレアってのが何とも…。

《レディ・プラム》
種族:サキュバス
タイミング:クイック
使用コスト:黒2無3
移動コスト:黒1無1
パワー:5000
スマッシュ:1
テキスト:あなたは、このカード以外の黒か青のユニットを移動するコストを支払うにあたり、その移動コストに必要な無色エネルギーを?1する。
青のあなたのユニットがバトルスペースのスクエアにある場合、このカードは以下の能力を得る。
『このカードがスクエアから墓地に置かれた時、あなたはカードを1枚引く。』
共鳴(このターンの間、あなたのユニットが移動してスクエアに置かれている場合、以下のテキストが有効になる。)あなたはこのカードを使用コスト[黒1無2]でプレイできる。

こいつが入れば《フーリガン・フライ》が常時0コスト移動。万が一赤も効果の範囲だったら《オーン・ドゥール》が常時号令モード。

…とまぁ、移動コストが減らす効果を利用した悪さはいくらでもできそうな感じ。
もう少しパワーがあれば屋敷から免れられたんですが…。
ドローとかいらないのでパワーをあと500下さい…。

《変炎獣ゲルボックル》

種族:アメーバ/フレイム
タイミング:クイック
使用コスト:緑2赤2無3
移動コスト:緑1赤1無1
パワー:6000
スマッシュ:2
テキスト:このカードが合成されてスクエアに置かれた時かあなたのターン終了時に、あなたは自分の山札の1番上のカードを、持ち主のエネルギーゾーンにリリース状態で置く。
プランゾーン効果()
[自分のエネルギーゾーンにある種族「アメーバ」と種族「フレイム」のあなたのユニットをそれぞれ1枚選び、合成する] 《クイック》あなたはこのカードを自分のユニットのない自軍エリアのスクエアにフリーズ状態で置く。

爆発力が無い代わりにエネルギーをコストにできる合成。

爆発力が無いというのが致命的で、合成したターンにやられると1エネ損、出した相手ターンにプランからやられるとプラスマイナスゼロと、後に残るものがありません。

とはいえ、アメーバで素のパワーが高いユニットは貴重なので、多少無理してでも入れる価値はあるでしょうか。

…ってなわけで、今エクスパンションの考察終了っと。
スポンサーサイト

Posted on 2008/01/24 Thu. 07:42 [edit]

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://personalwar.blog63.fc2.com/tb.php/322-403d5d9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。